脱毛・薄毛の原因・仕組みとは

毛髪の仕組みでご説明した通り、健全な髪の毛の成長には、毛乳頭が非常に大切です。毛乳頭こそが髪の毛の元となる毛母細胞をコントロールしているのです。
だから精神的に不安定だったり、健康状態が悪い場合は、毛乳頭から毛母細胞への栄養分や酸素供給が充分に行われなくなり、その結果、毛髪の成長が遅れたり脱毛が起きたりするのです。

髪の毛は平均約10万本あるといわれていますが、正常な状態でも毎日50本〜100本の抜け毛があります。しかし、多数の抜け毛や薄毛となると、やはり原因は限られてくるのです。


< 頭皮の汚れや皮脂 >
これは言うまでもありませんね。
汚れていると毛穴がふさがったり、菌が繁殖して髪の毛の元となる毛母細胞の成長を妨げたりします。

< 悪い食生活 >
これは、抜け毛に!というよりも体の健康にも悪いですよね。
つまり、高脂肪、高カロリーとなることで、頭皮の毛細血管が詰まってしまい、栄養分が毛母細胞に行き届かなくなります。多量のアルコールもホルモンに悪影響を与え、抜け毛の原因になったりします。

< 強いストレス >
強いストレスは自律神経のバランスを乱します。すると、血行の流れが悪くなり毛母細胞に栄養が届きにくくなります。また増加しすぎた免疫細胞が毛母細胞を攻撃してしまい、髪の毛の成長を邪魔します。




以上のことを考えると、暴飲暴食を控え、毎日ちゃんとシャンプーしていれば抜け毛はなくなるのか?と考えてしまいますが、そうは簡単にいかないのが薄毛・脱毛なのです。
頭皮に刺激を与えても、なかなか効果を感じられない方も多いのではないでしょうか?

それはいったいなぜでしょう?



それは、毛髪の仕組みでご説明した、毛周期が関係するのです。
毛周期には、成長期だけでなく、休止期もあります。
そして、数ヶ月間の休止期を経て、発生期・成長期へと移行します。

しかし、なんと休止期のまま止まってしまう場合もあるのです。
これらが増えると・・・
そうです。抜けた後に毛が生えず、薄毛となっていくのです。

さて、髪の元となる毛母細胞が分裂・増殖しない休止期。
その毛母細胞をコントロールしているのが毛乳頭。
つまり、生活習慣を健全にした上で、毛乳頭からの信号がきちんと毛母細胞まで届けば良いということになりますね。
タグ:薄毛 脱毛
posted by polypoly at 15:39 | Comment(0) | 毛髪の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。