薬用ポリピュアの効果

有名な育毛剤、ポリピュア。
なぜポリピュアはこんなに購入されているのでしょう。

ポリピュアの有効成分は、なんといっても長鎖分割ポリリン酸です。
この成分について、いろいろ調べてみました。



育毛・発毛の決め手?新成分『長鎖分割ポリリン酸』とは

まず、ポリリン酸とは、リン酸が数個から数千個、鎖状につながっているものです。
いわゆる高分子物質で、実はあらゆる生物の細胞内に幅広く存在しています。
生鮮食料品の鮮度維持や施設の衛生管理などにも使用されているものです。
また、歯周病の治療やホワイトニングにも使用されています。

ポリリン酸の長さはいろいろで、長さによりその効果も少し違ってきます。
だから、育毛・発毛に効果のある長さのものばかり集めて使用しているというわけです。
このように、同じ長さのものを長鎖分割ポリリン酸と言うのです。

要は、育毛・発毛に大変効果のあるものばかりを使用しているから、効果が期待できるというわけですね。



では、長鎖分割ポリリン酸はどんな作用をするのでしょう。

従来の発毛・育毛は、栄養と刺激を与えるものが主流でした。
しかし、毛髪の基礎知識にてご説明したとおり、
毛髪のもととなる毛根には『休止期』という時期があるのです。
文字通り、毛髪を生やす活動を止めてしまう時期なのですが、その活動が止まったままとなることが薄毛の原因です。
それは、現実、栄養と刺激を与えるだけでは目覚めてくれないのです。

休止期に入った毛根を目覚めさせる方法は1つだけ。
『すぐに活動を始めなさい!』という発毛命令を、確実に毛根に届ければ良いのです。
簡単そうに聞こえますが、実はそう簡単なことでもないのです。

発毛情報たんぱく質(FGF)というものが発毛命令を運んでおり、FGFが毛根の中心にある毛乳頭のレセプター(受容体)というものと結合すれば、
毛乳頭に命令が伝わります。
ところが、このFGFはいろいろ面倒くさいのです・・・
まず、寿命が4〜5時間しかない、ストレスや環境によるダメージに弱い、レセプターに到着しても、なかなかうまく結合してくれない・・・

そこで『長鎖分割ポリリン酸』の登場です!
長鎖分割ポリリン酸は、不安定なFGFを安定させることにより容易にレセプターへ到着させ、またレセプターとの結合率を高めてくれるのです。
そして、発毛命令が伝わり、休止していた毛根が目覚め、発毛を促すのです。
それは、日本やアメリカなど各国で特許を取得したほどの効果なのです。



しかし、そうは言っても初めての方は不安が残りますよね!
だから、ポリピュアは、育毛・発毛が実感できなければ全額返金!!
これでもう、安心ですね。
posted by polypoly at 18:38 | Comment(0) | おススメ育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。